生憎の雨で台無しなお祭り

ずっとはっきりしないお天気が続くなか、年に一度の地元商店街のお祭りの日を迎えました。

歩行者天国にした道路には食べ物の屋台が並び、子ども向けには金魚すくいやくじ引き、ダンスや吹奏楽などの発表会もあり、それぞれが出番を待ってスタンバイしています。

規模が小さなお祭りながら、私も毎年楽しみにしていたのに、始まって30分ほどで無情の大雨です。

早くから計画し、準備も大変だったろうにと恨めしく天を仰いでも雨は一向に止みません。

元々、大幅な利益を見込める価格設定ではないのに、客足が途絶えてしまえば大赤字になりそうで、焼きそばやおでんを多めに購入しました。

みんな楽しみにしているお祭りです。

来年は天の神様も意地悪せずに晴天にして欲しいものです。